> > 都内のセブン-イレブンで「エコバッグになるハンカチ」を発売

都内のセブン-イレブンで「エコバッグになるハンカチ」を発売

エコバッグになるハンカチ(手さげネイビー)

セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は1月21日から、東京都内2,768店舗でポケットに収まるコンパクトなサイズの「エコバッグになるハンカチ」を発売する。取扱店舗は順次拡大する考え。

エコバッグは、女性を中心に、バッグなどに入れて常に携行する人が増えているという。男性は荷物を最小限にしようとする傾向が強い一方、ハンカチやハンドタオルを常にポケットに入れて持ち歩くことが多い。

7月から始まるレジ袋の有料化義務化を前に、ハンカチとして使用でき、買い物ではエコバッグになる「エコバッグになるハンカチ」を開発。普段の持ち物に機能性を持たせ、顧客の環境配慮の意識の高まりに対応した。

耐荷重1kgと4kgの2種を発売

商品は「手さげネイビー」と「巾着グレー」の2種類。いずれの商品も抗菌防臭加工が施されている。

023957-2

巾着グレー

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.