> > 東京セキスイハイム、卒FITや災害激甚化に対応する新スマートハウス発売

東京セキスイハイム、卒FITや災害激甚化に対応する新スマートハウス発売

スマートパワーステーション ミライクラスの外観イメージ

東京セキスイハイム(東京都台東区)は1月18日、首都圏エリアで、エネルギー自給自足率向上機能や縮災対応レジリエンス機能などを搭載したパッケージ商品『スマートパワーステーション ミライクラス』を発売した。

「スマートパワーステーション」シリーズは、エネルギー自給自足型住宅の先駆けとして、同社が2013年に以来、累積1,910棟の販売実績があるスマートハイムのフラッグシップ商品。同シリーズ発売から6年が経過し、太陽光発電システム(PV)固定価格買取制度(FIT)での買取が終了(卒FIT)や激甚災害の増加、IoTの普及など、社会と暮らしの変化に対応するスマートハウスとして進化し、新機能を付加した『スマートパワーステーション ミライクラス』の発売に至った。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.