> > NEDOとパナソニック、ペロブスカイト太陽電池で世界最高変換効率を達成

NEDOとパナソニック、ペロブスカイト太陽電池で世界最高変換効率を達成

世界最大面積と世界最高変換効率を達成したペロブスカイト太陽電池モジュール

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とパナソニック(大阪府門真市)は1月20日、ガラスを基板とする軽量化技術やインクジェットを用いた大面積塗布法の開発により、ペロブスカイト太陽電池モジュール(開口面積802cm2:縦30cm×横30cm×厚さ2mm)で世界最高のエネルギー変換効率16.09%を達成したと発表した。

太陽光発電の導入促進を目的にした、NEDOの「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」(2015年度~2019年度)で実施した。

モジュールの製造工程にインクジェットを用いた大面積塗布法を採用し製造コストを低減したほか、モジュールの大面積・軽量・高変換効率の特性を利用することで、ビル壁面など、従来は設置が困難だった場所での高効率な太陽光発電の実現につながる。

今後パナソニックは、ペロブスカイト層の材料改善により、結晶シリコン太陽電池に匹敵する高効率化を推進、新規市場での実用化に向けた技術確立を進める。生産コストは、プロジェクトの最終目標である生産コスト15円/Wを目指す。

技術開発のポイント

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.