> > 風力発電の累積導入量は392.3万kW、2,414基 2019年末速報

風力発電の累積導入量は392.3万kW、2,414基 2019年末速報

※2012年からの落ち込みは補助金廃止と環境アセス法制化の影響

日本風力発電協会(JWPA/東京都港区)は1月15日、2019年末日本の風力発電の累積導入量(速報)を発表した。

2019年12月末の累積導入量は3,923MW(392.3万kW)・2,414基、発電所数457発電所だった。2019年単年導入量は270MW(27.0万kW)・104基、発電所数17だった。

2019年単年導入量は前年とほぼ同程度で、新規導入量では僅差で過去最多となったが、JWPAでは「伸び悩んでいる状況が続いている」とした。

洋上風力の拡大で風力発電導入拡大の兆しも

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.