> > トップランナー制度の対象に電気自動車・プラグインハイブリッド自動車を追加

トップランナー制度の対象に電気自動車・プラグインハイブリッド自動車を追加

画像はイメージです(© cheskyw / amanaimages PLUS)

政府は、運輸部門と業務・家庭部門の省エネルギーのさらなる推進のため、エネルギー消費性能等の向上を促すトップランナー制度について、(1)「乗用自動車」の対象に電気自動車を、(2)「断熱材」の対象に硬質ポリウレタンフォーム断熱材を追加する。

1月21日、この措置を講じた、省エネ法施行令を一部改正する政令(エネルギーの使用の合理化等に関する法律施行令の一部を改正する政令)を閣議決定した。改正政令は1月24日に公布、4月1日に施行する。

電気自動車・プラグインハイブリッド車が対象に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.