> > スタバ、2030年までに温室効果ガスや廃棄物排出量を50%削減へ

スタバ、2030年までに温室効果ガスや廃棄物排出量を50%削減へ

画像はイメージです(© topntp / amanaimages PLUS)

世界的なコーヒーチェーンであるスターバックスは1月21日、温室効果ガスや廃棄物の排出量などに関して、2030年までに50%削減すると宣言した。

今回、同社は2030年をめどに、3つの目標を挙げている。具体的な内容は以下の通り。

  • スターバックス店舗とサプライチェーンでCO2排出量を50%削減
  • 店舗営業およびコーヒー抽出で使用している取水量の50%分を水リスクの高い地域に充てる(補填する)
  • 店舗や工場から送られる廃棄物を50%削減

および「新プラスチックス経済グローバル・コミットメント(New Plastics Economy Global Commitment)に参加

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.