> > 「LED型小型超広帯域発光素子」で200mW以上を達成 製品化に道

「LED型小型超広帯域発光素子」で200mW以上を達成 製品化に道

棒状に成形された蛍光体の写真(左)、今回開発した超広帯域発光素子の構造の概略図(中央)、開発した素子と5 Wハロゲンランプ の発光している様子の比較(右)

産業技術総合研究所(産総研/東京都千代田区)は1月22日、小型ハロゲンランプをしのぐ明るさ(200mW以上)と1,000時間以上の長寿命を併せ持ち、近紫外(350nm)から近赤外(1200nm)まで超広帯域の光を発光できる小型発光素子を開発したと発表した。

今回開発した素子は、紫外LEDと、そのLEDの光で励起され、さまざまな波長の光を発する複数の蛍光体とを組み合わせて超広帯域の発光を得る方式の発光デバイス。「発光ダイオード(LED)型の小型超広帯域発光素子」、くわしくは「紫外LED励起型超広帯域発光素子」と呼ばれている。

実用化に適用できる明るさと安定性(寿命)を実現

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.