> > 衣料廃棄ゼロを目指す「アイテムサーベイ」、第2回を実施 kay me

衣料廃棄ゼロを目指す「アイテムサーベイ」、第2回を実施 kay me

アパレルやバッグなどを展開する日本製D2C(Direct to Consumer)ブランド「kay me」(東京都中央区)は、より精度の高い需要予測に基づく「衣料廃棄ゼロ」に向けて、1月22日からオンラインによる「アイテムサーベイ」を開始した。

顧客の意見をアイテムの企画・製造に活かす取組みで、2019年11月の実施に続き2回目となる。2020年4月以降に販売を計画しているアイテムを対象に、回答に基づいてデザインの変更や製造数・製造アイテムの決定を行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.