> > 西松建設、下水汚泥焼却灰から肥料用リンを高効率に回収 重金属等も除去

西松建設、下水汚泥焼却灰から肥料用リンを高効率に回収 重金属等も除去

西松建設(東京都港区)は1月23日、新潟大学(新潟県新潟市)と共同で、国内の下水処理場で発生する下水汚泥焼却灰から、肥料に利用できるリンを従来技術より高い回収率(98%以上)で回収できる技術を開発したと発表した。

また、この技術では、回収過程で重金属等を除去できるため、回収したリンの多くはそのまま肥料として利用できる。従来のリン回収技術では、低い採算性(低回収率、残渣処分費)や、残渣に含まれる重金属などが課題となっていた。この技術は、これらの課題を解消しリン循環型社会の構築に貢献することが期待される。

今後は技術の実用化に向けてスケールアップ(現状1kgスケール)した実証実験を計画・実施し、技術のさらなる改善を図り、実用技術としての完成を目指す。また、下水汚泥灰の有効活用によるリン循環型社会構築に資する技術の1つとして、自治体等関係機関に技術提案をしていく考えだ。

二段階溶出法で重金属等を除去し肥料化

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.