> > レジ袋の申告カードで行動は変わる? 経産省、「ナッジ」の削減効果を検証

レジ袋の申告カードで行動は変わる? 経産省、「ナッジ」の削減効果を検証

画像はイメージです(© showcake / amanaimages PLUS)

経済産業省は1月27日から、レジ袋削減に向けた試行的な取組みとして、同省などの庁舎内のコンビニで「ナッジ」と呼ばれる行動経済学の手法を活用した検証を開始した。

検証に参加する各省庁舎内の店舗では、消費者にレジ袋の申告カード(または辞退カード)の提示を求める。海洋ごみの写真付きのカードや、世界各国の取組みを説明するカードなど、店舗ごとに異なるタイプのカードを用意。その効果を比較し、消費者にどのように働きかけることが効果的か検証する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.