> > 富士通フロンテック、燃料電池発電システムを導入 災害時も電力確保が可能

富士通フロンテック、燃料電池発電システムを導入 災害時も電力確保が可能

熊谷サービスソリューションセンターに導入された燃料電池発電システム

富士通フロンテック(東京都稲城市)は1月31日から、環境配慮型発電システムである固体酸化物形燃料電池(SOFC)を、熊谷サービスソリューションセンター(埼玉県熊谷市)で運用を開始する。

このシステムの導入により、今後、熊谷SSCで消費される電力量の約50%は燃料電池で賄われる。同社によると、必要電力量のすべてを電力会社から調達した場合に比べ、CO2排出量は年間約35%削減(2018年度比)できる見込みだという。なお、国内の富士通グループとして燃料電池の導入は初めて。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.