> > 三菱日立パワー、インドネシア国立大学と共同研究 発電所ビッグデータを解析

三菱日立パワー、インドネシア国立大学と共同研究 発電所ビッグデータを解析

MOU調印式の様子より

三菱日立パワーシステムズ(神奈川県横浜市)は1月30日、インドネシアの国立バンドン工科大学(ITB)と、次世代クリーンエネルギー技術および発電所のビッグデータ解析に関する共同研究で合意したと発表した。

同社は、今回の合意を契機に、温室効果ガス排出削減に寄与するアンモニアや水素を利用する燃料技術およびAI(人工知能)、ならびにビッグデータを通じたインドネシア国内発電所に対する運用診断技術の高度化について実現可能性を探る一方で、将来的には同国に研究・開発(R&D)拠点を設立するための協議も進めるとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.