> > 元消防職員の想いが電力サービスに 「災害復興」テーマの独自プラン発表 

元消防職員の想いが電力サービスに 「災害復興」テーマの独自プラン発表 

「おりづる電気 災害復興ケアエネプラン」の仕組み

LEAP POWER(広島県廿日市市)は1月29日、レックスイノベーション(広島県広島市)と業務提携を行い、電気小売り事業の独自プランを発表した。

このプランの名称は「おりづる電気 災害復興ケアエネプラン」、全国で発生する災害に対して復興を目的とした寄付を行うのが目的だ。仕組みは協力企業の電気料金を削減し、かつ使用した電気料金に応じてその一部を寄付する。協力企業は常に災害復興のための資金を投入していることになる。なお、プランは関西・中国・四国・九州エリアで展開。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.