> > 日本初、カゴメが紙容器飲料に「バイオキャップ」採用 プラスチック方針発表

日本初、カゴメが紙容器飲料に「バイオキャップ」採用 プラスチック方針発表

カゴメ(愛知県名古屋市)は1月28日、2030年を目標とする「カゴメプラスチック方針」の策定を発表した。紙製容器に添付するストローを石油由来プラスチック使用量ゼロにすること、飲料ペットボトルでリサイクル素材または植物由来素材を50%以上使用することなどを目指す。

まずは4月から、紙容器飲料のキャップを、日本テトラパックの「バイオキャップ」に切り替える。バイオキャップにはサトウキビ由来の高密度ポリエチレン(HDPE)を使用、従来の化石資源由来のキャップと同じ外観と機能性を保持しているという。日本テトラパックの調べによると、紙容器飲料のキャップに植物由来素材を使用するのは日本初。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.