> > 木更津市の「デジタル地域通貨」で払える電力プラン開始 0.5%を市に寄付

木更津市の「デジタル地域通貨」で払える電力プラン開始 0.5%を市に寄付

イーネットワークシステムズ(ENS/東京都新宿区)は2月3日から、一般家庭向けに、千葉県木更津市のデジタル地域通貨「アクアコイン」で電気料金の支払いができる新電力プランを提供する。

この新電力プラン「アクアコインでんき」による売上の0.5%はENSより木更津市に寄付されるため、使うほど木更津市のまちづくりにも貢献できる仕組みになっている。今後は加盟店向けの電気料金支払いに対応するなど、順次サービスを拡大していく予定。

ENSは、君津信用組合(千葉県木更津市)、デジタル地域通貨事業を展開するフィノバレー(東京都港区)と提携して、新電力プランの提供を始める。3社と木更津市は、ENSが供給する電力プランの導入・普及を通じた「アクアコイン」のさらなる活性化に関する協定を、1月20日に締結した。

電気料金の最大9%を「アクアポイント」で還元

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.