> > JFEスチール、製鉄所の省エネ・CO2削減促進へガイダンスシステム導入

JFEスチール、製鉄所の省エネ・CO2削減促進へガイダンスシステム導入

ガイダンスシステムの概要

JFEスチール(東京都千代田区)は1月30日、国内の製鉄所の燃料・電力運用における省エネルギー・CO2削減などを目的に、オペレータによる運用を支援するガイダンスシステムの開発・運用を開始した。

このガイダンスシステムは、同社が活用を推進するサイバーフィジカルシステム(CPS)の概念を体現したもの。CPSとは、フィジカル空間の莫大なセンサー情報(ビッグデータ)をサイバー空間に集約し、これを各種手法で解析した結果をフィジカル空間にリアルタイムにフィードバックすることで価値を創出するシステム。これまでに西日本製鉄所(倉敷地区、福山地区)に導入し、運用効果が確認されている。 今後は、他事業所への導入を進め、さらなる省エネルギー・CO2削減を実現して行く構え。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.