> > EV・蓄電池活用の「次世代電力インフラ」を共同開発 河村電器産業ら

EV・蓄電池活用の「次世代電力インフラ」を共同開発 河村電器産業ら

(左から)河村電器産業 取締役社長水野 一隆氏、ヘッドスプリング 代表取締役社長星野 脩氏

ヘッドスプリング(東京都品川区)と河村電器産業(愛知県瀬戸市)は2月4日、技術革新が必要とされている電力インフラ事業を拡大・推進を目的に、資本業務提携に合意したと発表した。当面は電気自動車(EV)や蓄電池に関連した電力インフラソリューションの共同開発を推進していく。

共同研究開発で検討していく事例として、

  • 電気自動車への充電ソリューション
  • 夜間電力の有効活用や太陽光発電の余剰エネルギーを蓄積できる蓄電システム
  • 電力系統の安定化などに向けたVPPソリューション
  • 地震や台風などの災害に伴う停電時に電気を利用できる非常用電源システムなどを挙げた。
024137-2

「賢く変換し、賢く貯めて、賢く使う」時代に


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.