> > コンビニのあり方検討会、食品廃棄削減など「本部の対応が肝要」

コンビニのあり方検討会、食品廃棄削減など「本部の対応が肝要」

画像はイメージです(© akiyoko / amanaimages PLUS)

経済産業省は2月6日、コンビニの現状と課題について「新たなコンビニのあり方検討会」での議論を整理した「報告書案」を公表した。報告書案では食品廃棄削減の必要性やレジ袋の有料化などについても言及し、「環境問題をはじめとしたSDGsへのチェーン全体としての取組は重要性を増しており、本部がしっかりと対応していくことが肝要」と指摘した。

これまでコンビニでは食品廃棄の削減に向けて、コンビニ本部により食品の長鮮度化、AIの導入による発注精度の向上といった取組が行われてきた。一方で、廃棄に係るリスクやコストについて、本部と加盟店の間での分担が適切になされなければ、廃棄を減らすインセンティブが働かなくなるのではないかとの指摘が、検討会でもなされている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.