> > 東京都、都有地を活用したバス対応水素ステーションを開所  岩谷産業が建設

東京都、都有地を活用したバス対応水素ステーションを開所  岩谷産業が建設

東京都は2月6日、下水道局葛西水再生センターの敷地の一部を活用した「イワタニ水素ステーション東京葛西」の開所式を行った。水素ステーションは都内で16か所目、短時間で多くの水素の充填が可能な燃料電池バスを受け入れる「バス対応ステーション」としては4か所目。

同ステーションは、大型車両への水素充てんに対応するため「液化水素ポンプ」を採用。 このポンプで液状の水素を圧縮することにより、1時間当たり5台の燃料電池バス(15kg/台)への充填が可能となっている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.