> > 国交省、グリーンインフラのための官民連携プラットフォームを設立

国交省、グリーンインフラのための官民連携プラットフォームを設立

写真はイメージです

国土交通省は3月19日、グリーンインフラの社会実装推進を目的とした官民連携プラットフォームを設立した。

今回設立されたプラットフォームの名称は、「グリーンインフラ官民連携プラットフォーム」。自治体や関係省庁、企業、学術団体だけでなく個人単位での加入が可能で、会員はプラットフォームの総会や専門部会に参加することができる(2020年3月18日時点の会員数は409者)。同省は今後、同プラットフォームを、グリーンインフラ推進に欠かせない「仲間づくりの場」「情報発信・収集の場」「オープンに議論する場」「普及啓発を進める場」として活用していく。

グリーンインフラとはどんな手法?

具体的な活動内容の柱は以下の4点。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.