> > JX金属、車載用リチウムイオン電池からレアメタル回収へ 試験設備を稼働

JX金属、車載用リチウムイオン電池からレアメタル回収へ 試験設備を稼働

ベンチスケール設備

JX金属(東京都千代田区)は2月7日、車載用リチウムイオン電池に含まれるレアメタルを回収するための「ベンチスケール設備(連続型小型試験装置)」を日立事業所(茨城県日立市)内に設置し、稼働を開始したと発表した。

同社ではすでに、敦賀工場(福井県敦賀市)で民生用リチウムイオン電池のリサイクル実証試験を国内最大規模で行っており、廃正極材ではなく廃電池そのものからでもレアメタルを回収できる技術を有している。今回の取り組みは、この技術をもとにした「次のステップ」として取組むもの。

新たに設置したベンチスケール設備では、自動車メーカーや電池メーカー各社から提供された原料をもとにリサイクル品サンプルを生産し、適切なコストでの処理が可能な、量産プロセスの確立を目指す。液、塩、メタルなど、さまざまな形状の作り込みができる自由度の高い設計が特徴で、コバルト、ニッケル、リチウムを金属ごとに分離し、電池グレードの品質で回収することができるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.