> > 日本製紙、北海道・勇払を「電気絶縁材料」生産へ事業転換 デュポンと連携

日本製紙、北海道・勇払を「電気絶縁材料」生産へ事業転換 デュポンと連携

北海道工場 勇払事業所(出所:日本製紙ウェブサイト)

日本製紙(東京都千代田区)は2月7日、米国デュポンの子会社と共同で新会社を設立し、北海道工場勇払事業所(北海道苫小牧市)において、電気自動車(EV)や航空機などで使用される電気絶縁材料「ノーメックス®紙」を生産することで合意したと発表した。

勇払事業所の敷地・建物の一部を利用して生産設備を設置する計画で、2021年度中の営業・運転開始を予定している。従業員数は100名以上。

新会社名は「デュポン日本製紙パピリア合同会社(DPNP)」。設立日は1月6日。日本製紙グループの特殊紙専業会社である日本製紙パピリアと、デュポンの100%子会社である、デュポン・スペシャルティ・プロダクツと共同で設立した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.