> > 三菱重工G、カナダ先住民居住地へ8MW級の木質・熱電併給設備を納入

三菱重工G、カナダ先住民居住地へ8MW級の木質・熱電併給設備を納入

カナダ・サスカチュワン州議事堂

三菱重工業(東京都千代田区)は2月10日、グループ会社のイタリア・ターボデン社が、カナダ・サスカチュワン州の先住民居住地であるメドウレイク区に、木質バイオマスを燃料とする8,000kW級のバイナリー発電設備を納入すると発表した。

ターボデン社は今回、メドウレイク区を対象に同発電設備を納入する契約を締結した。メドウレイク地区は、同州北西部辺境のメドウ湖周辺に位置し、複数の先住部族が居住している。ターボデン社が納める発電設備は、これら諸部族協議会の事業として、カナダ政府とサスカチュワン州当局も資金を支援する。

この発電設備は製材所で発生する端材などのバイオマス残留物をボイラー燃料として、ターボデン社独自の有機ランキンサイクル(ORC:Organic Rankine Cycle)を用いたバイナリー発電設備(熱電併給設備)により発電する。約5,000世帯にカーボンニュートラルな6,600kWのベースロード電力を供給する予定。

25年にわたり温室効果ガスであるCO2の排出を約100万トン以上(自家用車約5万台/年分以上のCO2排出量に相当)抑制するほか、煤煙その他の有毒物質も減らし、住民の文化的生活と健康に寄与することが期待されている。また電力に加え、この設備から発生する熱もカナダ最大の製材施設であるノーサスク製材所の乾燥室やビルに供給、天然ガス消費量を減らすことが可能となる。

有機媒体を蒸発、中低温の熱源で効率的な発電が可能に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.