> > バイナリー発電

環境用語集

バイナリー発電【ばいなりーはつでん】

バイナリー発電とは

長野県上高井郡の七味温泉ホテル。IHI製、20kWの小型バイナリー発電装置を1台導入した

長野県上高井郡の七味温泉ホテル。
IHI製、20kWの小型バイナリー発電装置を1台導入した

水より沸点が低い媒体(水とアンモニアの混合物等)と熱交換し、この媒体の蒸気でタービンを回す発電方法。

低温の蒸気や熱水を発電に利用でき、地熱や温泉熱、工場廃熱の有効活用として期待されている。温泉を利用したバイナリー発電は地熱発電として再生可能エネルギーの固定価格買取制度の対象になっている。

環境ビジネスオンラインでは「小型バイナリー発電機 注目メーカー一覧」として、10社の製品比較記事を掲載している。(2014年4月時点)小型バイナリー発電機は20~100kWの機種が多く、発電事業としても数十kW程度の比較的小規模な設備が多かったが、2014年12月には宇宙事業のコスモテックが別府温泉で500kWのバイナリー発電を開始している。

バイナリー発電を含む記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.