> > ユニチカ、リサイクル素材配合の「食品包装用ナイロンフィルム」開発

ユニチカ、リサイクル素材配合の「食品包装用ナイロンフィルム」開発

環境配慮型食品包装用ナイロンフィルム「エンブレムCE」製造フロー

ユニチカ(大阪府大阪市)は2月12日、ケミカルリサイクルによる再生資源を有効活用した食品包装用ナイロンフィルムの開発に成功したと発表した。宇治事業所内の既存生産設備にて、生産方法を確立し、顧客へのマーケティング活動を開始した。4月から実機での生産を開始し、2022年度以降、年間500トンの販売を目指す。

機械物性や衛生性など食品包装用途の課題を克服

昨今の環境問題への意識の高まりを受け、植物由来の原料を用いたフィルムや、市場から回収されたプラスチックをリサイクルしたプラスチックフィルムが、環境配慮型フィルムとして使用され始めている。しかし、これらの環境配慮型フィルムは、使用する材質によっては、従来の石油由来のフィルムと比較した場合、機械物性の低下や衛生性の観点から、食品包装用途に推奨できない等の問題があった。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.