> > 独の化学大手BASF、大規模なEV電池材料工場を建設

独の化学大手BASF、大規模なEV電池材料工場を建設

ドイツの化学大手であるBASF(本社:ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は2月12日、欧州の電気自動車(EV)バリューチェーンを支援するための多段階投資計画の一環として、ドイツ・シュヴァルツハイデに電池材料の新たな生産工場を設けることを発表した。

同社によると、EV電池用の材料となる正極材(CAM)を製造するシュヴァルツハイデ新工場は、年間約40万台のEVを供給できる生産能力を有し、また増設可能な設計およびインフラにより、生産能力が向上している。また、新工場ではフィンランドのハルヤヴァルタ新工場で製造した前駆体(PCAM)を使用する計画で、操業開始は2022年を予定している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.