> > 東芝エコキュートリコール、 09年~19年製 ユニット変形の恐れあり

東芝エコキュートリコール、 09年~19年製 ユニット変形の恐れあり

東芝キヤリア(神奈川県川崎市)は2月17日、エコキュートの無償点検と補修を行うと発表した。ヒートポンプユニットの一部機種でヒートポンプユニット内の圧縮機が腐食により破損し、ヒートポンプ給湯機沸き上げ運転中にユニット本体が変形に至る場合があることが判明したため。

対象となるのは、2009年11月から2019年3月までに製造された家庭用と業務用エコキュート。同社によるとこれまで発煙・発火や人的被害などの二次被害は発生していないが、事故防止のためリコール社告を行うとともに、無償点検・補修を実施するという。また、点検前も引き続き使用できるが、念のための措置として沸き上げ運転中はヒートポンプユニットに近づかないよう勧告している。

機種確認方法や点検補修の内容等は以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.