> > 「水素社会」の社会受容性向上へ情報発信 NEDOが事業者を募集

「水素社会」の社会受容性向上へ情報発信 NEDOが事業者を募集

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月19日、水素の安全性や利用の意義について、国民全体で認識を共有するための情報発信に関する調査事業の募集を開始した。この事業により、2019年度に 57%だった水素エネルギーの認知度を、2022年度末までに 75%程度まで引き上げることを目指す。

同事業の名称は、「水素社会構築技術開発事業/総合調査研究/水素社会実現に向けた情報発信に関する調査研究」(事業期間:2020年度~2022年度)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.