積水化学と住友化学、ごみからポリオレフィンを製造する技術で協働を表明

  • 印刷
  • 共有
 クリックで拡大します
クリックで拡大します

積水化学工業(大阪府大阪市)と住友化学(東京都中央区)は2月27日、ごみを原料としてポリオレフィンを製造する技術の社会実装に向けて、協力関係を構築することで合意したと発表した。

今回の合意は、ごみをまるごとエタノールに変換する生産技術の開発に成功した積水化学と、ポリオレフィンの製造に関する技術・ノウハウを有する住友化学が協力することにより、ごみをポリオレフィンにケミカルリサイクルするという、サーキュラーエコノミーの取り組みを推進するもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報