> > 山口県と中国電力、県有施設の太陽光発電と蓄電池を遠隔制御 実証試験開始

山口県と中国電力、県有施設の太陽光発電と蓄電池を遠隔制御 実証試験開始

山口県と中国電力(広島県広島市)は2月27日、県有施設に設置する太陽光発電蓄電池設備、さらに蓄電池を効率的に運用する遠隔制御技術を用いて、施設・地域の防災機能の向上や平常時における設備の有効活用を図る実証試験を開始すると発表した。

近年、多発する自然災害により、大規模な停電が発生するなど、災害時における公共施設の電力確保が重要な課題の一つとなっている。今回の取り組みでは、中国電力の制御技術を用いて、岩国市内の2つの県有施設に設置された太陽光発電と蓄電池設備などの運転状態を遠隔監視する。これにより、早期に設備異常などを発見することが可能となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.