> > 三菱商事と中部電力、英国で洋上風力向け「海底送電事業」の優先交渉権を取得

三菱商事と中部電力、英国で洋上風力向け「海底送電事業」の優先交渉権を取得

三菱商事(東京都千代田区)と中部電力(愛知県名古屋市)は2月27日、英国のホーンシー・ワン洋上風力発電所(発電容量121.8万kW)向けの海底送電資産運用事業に係る優先交渉権を取得したと発表した。

この資産は、英国東部沖合約120kmに位置する同洋上風力発電所向けの海底・陸上送電線と付随する洋上・陸上変電設備で構成される。資産規模は約1,700億円。今後、英国当局と洋上風力発電所の開発事業者等との調整・交渉を経て、運営事業権を取得した後、25年間にわたり送電を担う予定。

両社は、海底送電資産運営と送変電保守に関するそれぞれの知見を活かして、効率的な事業運営に取り組む。また、今後の国内洋上風力発電導入時に備え、海底送電事業の保守・運営上のノウハウを蓄積し、この事業の知見をフィードバックしていく考えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.