> > DNP、本体に紙を使用したラミネートチューブ開発 プラ使用量15%削減

DNP、本体に紙を使用したラミネートチューブ開発 プラ使用量15%削減

(出所:大日本印刷)

大日本印刷(東京都新宿区)は2月27日、製品パッケージに紙を使用したラミネートチューブを開発したと発表した。

同製品の名称は「DNPラミネートチューブ 紙仕様」。チューブの胴体部分に紙を使用することで、プラスチック使用量を15%削減した。また、紙の持つ温かみやナチュラル感を活かした外観での差別化や、紙が持つ保形性により、最後まで内容物を絞り出しやすいという使用性が向上した。さらに、紙の使用と併せて、バイオマスポリエチレンを使用することにより、全体の約75%を植物由来材料で代替することが可能となった(キャップを除く)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.