> > 「バイオガス」活用、FIT発電事業を本格開始 ヤンマーエネルギーシステム

「バイオガス」活用、FIT発電事業を本格開始 ヤンマーエネルギーシステム

ヤンマーエネルギーシステム(大阪市/YES)は2月27日、栃木県の「思川浄化センター」内と「大岩藤浄化センター」内に設置した発電設備を順次稼働し、バイオガスを活用したFIT発電事業を本格的に開始すると発表した。

発電所名称は「YANMAR ENERGY FARM(ヤンマーエナジーファーム)」。この事業では、栃木県から購入した消化ガスを、同社が浄化センター内に設置した発電設備で利用。発電した電気は電力会社に売電する。その際にエンジンから発生する排熱は下水処理場の消化槽の加温に活用する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.