> > 低圧太陽光発電向けの運転・維持管理で協業 オランジュとエナジービジョン

低圧太陽光発電向けの運転・維持管理で協業 オランジュとエナジービジョン

画像はイメージです

オランジュ(神奈川県横浜市)とエナジービジョン(東京都千代田区)は3月2日、低圧(50kW未満)を中心に、太陽光発電所向けO&M事業で協業し「次世代型O&M(O&M Ver2.0)」の普及を目指すと発表した。

両社の調べによると、低圧太陽光発電所は全国で約60万件にのぼり(10kW以上太陽光発電の)導入容量で約36%を占めるが、多くはO&Mが実施されていないか、形式的なものにとどまっており、全国的に多数のトラブルが顕在化しているという。その一方、近年の日本各地で発生する豪雨・地震・自然災害による停電を契機として、地域分散型電源としての重要性が一層増大している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.