> > 三洋化成の子会社APB、約80億円を資金調達 全樹脂電池量産へ7社と連携

三洋化成の子会社APB、約80億円を資金調達 全樹脂電池量産へ7社と連携

三洋化成工業(京都府京都市)は3月4日、子会社で、次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」の開発を行うAPB(東京都千代田区)が、JFEケミカル、JXTGイノベーションパートナーズ合同会社、大林組、慶應イノベーション・イニシアティブ1号投資事業有限責任組合、帝人、長瀬産業、横河電機の計7社を引受先とする第三者割当増資により、総額約80億円の資金調達を実施すると発表した。

APBは、バイポーラ積層型のリチウムイオン電池である全樹脂電池(All Polymer Battery)の製造および販売を行うスタートアップ企業である。今回の資金調達は、APBが開発する全樹脂電池の量産工場を設立するのが目的。

全樹脂電池は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.