> > 伊藤忠、組織改編で再エネ事業拡大へ VPP Japanと資本提携強化も

伊藤忠、組織改編で再エネ事業拡大へ VPP Japanと資本提携強化も

VPP Japanオフグリッド電力供給サービス 事業スキーム図(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は3月4日、VPP Japan(東京都品川区)との資本関係を強化するとともに、4月の組織改編で「電力・環境ソリューション部門」を設置し、その管下にVPP(バーチャル・パワー・プラント/仮想発電所)事業を推進する「次世代エネルギービジネス部」を新設すると発表した。

伊藤忠商事は2019年3月、「太陽光分散電源事業」の推進を目的に、VPP Japanとの資本業務契約締結を発表している。今回、VPP Japanの第三者割当増資を新たに引き受け、資本関係を強化した。

VPP Japanが展開する「オフグリッド電力供給サービス(太陽光第三者保有モデル)」は、店舗などの建物の屋根に、無償で自家消費型の太陽光発電システムを設置し、施設に直接、長期間にわたり安価な電力供給を行うもの。これまでに全国約50ヵ所の流通サービス施設に、約10MWの同システムを建設・運営してきた実績がある。また、2021年までに国内の流通サービス施設約500ヵ所に、累計100MWの導入を計画し、国内最大の同発電システム運営事業者を目指している。

4月に「電力・環境ソリューション部門」を新設

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.