> > ボルボ、EV販売強化 気候変動対策としてCO2前年比40%削減目指す

ボルボ、EV販売強化 気候変動対策としてCO2前年比40%削減目指す

ボルボ初のEV車「XC40 Recharge P8」の電動式4輪駆動パワートレーン(出所:ボルボカーズジャパン)

スウェーデンに本社を置く大手自動車メーカーのボルボ・カーズは3月6日、ベルギーのゲント工場に新たなバッテリー組立ラインを開設したと発表した。なおゲント工場では、ボルボ初となる電気自動車「XC40 Recharge P8」の生産が年内に開始される予定。

今回の組立ライン新設は、同社が取り組む電動化戦略と、気候変動対策に向けた具体的施策である。同社は、「2040年までにクライメイトニュートラルな企業になる」ことを掲げ、その足がかりとして、2025年までに車両1台あたりのライフサイクルのCO2排出量を2018年比で40%削減することを目指している。

ボルボの電動化戦略 「2025年までに販売台数の50%をEV化」

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.