> > ジモティー、さいたま市と粗大ごみの「リユース」で協定

ジモティー、さいたま市と粗大ごみの「リユース」で協定

さいたま市で収集された主な粗大ごみの件数(出所:ジモティ―)

地域の情報サイトを運営するジモティー(東京都品川区)は3月5日、さいたま市とリユースに関する協定を2月27日に締結し、4月から市の広報物などでリユース活動の促進に向けた啓発活動を行うと発表した。同社によると、全国の自治体で初めての取組み。

増加している市の粗大ごみの中には、まだ利用可能な家具なども多く存在している。この協定は、家具など不用品のリユース方法として「ジモティー」の活用という選択肢があることを市内で啓発し、リユース活動が活発になることを目的に締結した。これまで市で処分されていた自転車・ソファ・テーブルといった大型の物品が、従来よりも市内でリユースされやすくなることを目指す。

今後は市内で配布されるごみの分別方法を記載したパンフレットや、同社のWEBサイトなどで市と連携しながら広報活動を行っていく予定。また、同社は今回の協定締結を皮切りに、リユース促進を目指す全国の他の自治体との連携を目指していくとしている。

粗大ごみ収集量が過去3年間100トンずつ増加

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 43 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.