> > 岡崎市と民間4社が「地域新電力」設立 ごみ発電の電力調達、公共施設へ供給

岡崎市と民間4社が「地域新電力」設立 ごみ発電の電力調達、公共施設へ供給

(出所:岡崎市ウェブサイト)

愛知県岡崎市は3月9日、NTTファシリティーズ(東京都港区)や中部電力(愛知県名古屋市)など民間企業4社との共同出資により、エネルギーの地産地消と低炭素化を目指す地域電力小売会社「岡崎さくら電力」を設立した。今後、7月の事業開始に向けて準備を進めていく。

新会社では、ごみ処理施設「中央クリーンセンター」のバイオマス発電設備や市内メガソーラーなどでつくられた地産電力を調達し、岡崎市内の小中学校や市役所などの公共施設などへ供給する。これにより、二酸化炭素排出量の削減と、エネルギーの地産地消の実現による地域経済の活性化に取り組む。

今後、市外の電源からの調達も進め、この事業目的に親和性の高い企業などを中心に、供給先を順次民間にも拡大する予定。さらに、事業利益を活用し、再生可能エネルギーの普及拡大に努め、岡崎市が目指す持続可能な社会の構築に貢献していく。

024457-4

岡崎さくら電力は、岡崎市、NTTファシリティーズ、中部電力のほか、東邦ガス(名古屋市)、岡崎信用金庫(岡崎市)が出資する。愛知県初の自治体出資による新電力となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.