> > 小泉環境相「ESG金融育て、脱炭素の動き加速へ」 ESGパネルで挨拶

小泉環境相「ESG金融育て、脱炭素の動き加速へ」 ESGパネルで挨拶

閉会挨拶をする小泉環境相

環境省は3月10日、ESG金融拡大に向け「ESG金融ハイレベル・パネル(ESGパネル)」第2回を開催、有識者と実務専門家で構成され独立した議論を行う2つのタスクフォース(TF)の設置が公表された。「ポジティブインパクトファイナンスタスクフォース」と「ESG地域金融タスクフォース」をテーマに、座長を中心に夏頃までに集中的な議論と取りまとめがなされ、結果はPRI in Person連携イベントでもある2020年10月開催予定の第3回会合で報告される。

挨拶にたった小泉進次郎環境大臣はこの取り組みについて、「ポジティブインパクトファイナンスタスクフォースでは日本の基本的な評価方法や考え方を示し、インパクト評価方法を国際社会に発信する」とし、「ESG地域金融タスクフォース」では、ゼロカーボンシティ等とも呼応し、実践を深めつつ、さまざまな地域での普及展開に向けたビジョンを明示する必要性を提言。「環境先進国日本の復権に向け不可欠なのが、日本がESG金融大国になるということ。環境省としては、ESG金融を大きく育てていくことで、日本のなかの脱炭素の動きを加速させたい」とした。

TFの内容は以下の通り。

ESG金融ハイレベル・パネル(ESGパネル)とは?

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.