> > 京セラ、TCFD提言へ賛同

京セラ、TCFD提言へ賛同

京セラ(京都府京都市)は3月10日、金融安定理事会(FSB)により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言への賛同を表明した。TCFDの提言に基づき、気候変動が事業に与えるリスク・機会についての分析を実施し、積極的な情報開示を進める。

同社グループは、世界的な重要課題である気候変動において、2030年度に排出する温室効果ガスを2013年度比30%削減(同社およびサプライチェーンにおける排出量)にする目標を設定し、国際的な環境団体であるSBTイニシアチブより「SBT(Science Based Targets)」の認定を取得している。さらに再生可能エネルギーの導入量を2013年度比10倍にする長期目標を定めるなど、サプライチェーン全体で環境負荷低減に努めている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.