> > 東京海上日動、洋上風力発電向け保険を開発 建設から操業中まで包括的に補償

東京海上日動、洋上風力発電向け保険を開発 建設から操業中まで包括的に補償

画像はイメージです

東京海上日動火災保険(東京都千代田区)は3月10日、国内の洋上風力発電事業者向けに、洋上風力発電設備の工事中や操業中のリスクを包括的に補償する「洋上風力発電向けパッケージ保険」を開発したと発表した。4月から提供する。

この商品では、洋上設備の建設・工事期間中だけでなく、操業開始後も一定期間保険の提供を行うことで、顧客に切れ目のない補償を提供する。具体的には、「海上に設置される」という洋上風力発電施設の特徴から、従来の「船舶保険」をベースに設備の操業中の損害をカバーするだけでなく、発電設備の工事中に生じた損害や、それによって工事が遅延し、完成が遅れたことによる損害等を包括的に補償する。

また、発電事業者だけでなく、タービンメーカー、プロジェクトの建設請負会社、工事関係者なども包括的に補償する。

さらに、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.