> > 大成建設、微生物浄化技術の実用化に目途 VOCs汚染地下水を短時間で浄化

大成建設、微生物浄化技術の実用化に目途 VOCs汚染地下水を短時間で浄化

実地盤での通電による加熱試験状況の様子(出所:大成建設)

大成建設(東京都新宿区)は3月11日、電極兼用注入管を用いて地盤を加熱し、汚染地下水に含有する揮発性有機化合物(VOCs)を短時間で浄化する技術を開発した。

同社は今回、電極兼用注入管を用いて粘土層を加熱し、VOCsを粘土層から帯水層に溶出させた後に浄化材などを供給することで微生物による浄化を促進する、地盤加熱型の微生物浄化技術を開発した。同社は今回の開発により、地盤加熱型の微生物浄化技術の実用化に目途がついたとしている。

短期間での浄化が求められる汚染サイトでの活用に期待

同技術の特徴はつぎの通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.