> > 楽天、岡山県で路線バスを活用した配送を開始

楽天、岡山県で路線バスを活用した配送を開始

楽天(東京都世田谷区)は3月11日、岡山県岡山市と瀬戸内市において、同社が運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」でバス路線網を活用した貨客混載による配送を本格的に開始した。両備ホールディングス(岡山県岡山市)と連携し、同社の子会社である東備バス(岡山県瀬戸内市)の既存バス路線網を活用して効率的な配送サービスの実現を目指す。

「貨客混載」とは、旅客の運送に付随して旅客の荷物ではない荷物を一緒に運送すること。今回のサービスでは「Rakuten EXPRESS」で運ぶ荷物を路線バス内に設置した「通い箱」に入れ、西大寺バスセンター(岡山県岡山市東区)から、瀬戸内牛窓営業所(岡山県瀬戸内市)まで輸送。さらに瀬戸内牛窓営業所から各配送先までは、東備バスの、バスとタクシーのドライバーが専用配送車で配送する。

024476-2

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.