> > 米国発、BluetoothとPoE機能搭載のLED照明プラットフォーム

米国発、BluetoothとPoE機能搭載のLED照明プラットフォーム

(出所:オン・セミコンダクター PR)

米国の半導体メーカーであるオン・セミコンダクター(本社/米国アリゾナ州フェニックス)は3月12日、AC/DCおよびDC/DC電力変換設計とともに、パワーオーバーイーサネット(Power over Ethernet: PoE)とBluetooth® Low Energy 機能を備えたコネクティッドLED照明プラットフォームを発表した。

今回発表された新たなLED照明プラットフォームは、Bluetoothや PoEなど、LED制御のための複数のコネクティビティ機能を備えているのが特長だ。最大出力電力90W、最大16個のLEDの供給が可能。また、Bluetooth Low Energy スイッチとの組み合わせにより、バッテリ不要でLED照明アプリケーションが開発できる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.