> > 再エネ賦課金の未納、あくびコミュニケーションズとAG Energyを公表

再エネ賦課金の未納、あくびコミュニケーションズとAG Energyを公表

画像はイメージです

経済産業省は3月11日、電気の使用者から支払われた賦課金(納付金)を納付しない電気事業者として、あくびコミュニケーションズ(東京都渋谷区)とAG Energy(同港区)の社名を公表した。

両社は、3月2日を納付期限とした納付金について同日までに納付がなく、督促状により3月10日を期限に督促したが同日までに納付しなかった。

あくびコミュニケーションズは、「AKUBIでんき」の名称で電力を供給するサービスや、インターネット接続サービス、通信サービスを行っていたが、2月28日に破産手続を開始した。同社は、電気料金の過大徴収などで、総務省から業務改善勧告を受けていた。破産手続開始に伴い、早ければ3月末ころに、電気の供給などが停止となることが見込まれており、経済産業省が、早めに電力の購入先を変更する手続きを行うよう注意を呼びかけている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.