国内最大級、約75MWの木質バイオマス発電所を竣工 イーレックスら

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

イーレックス(東京都中央区)は3月10日、同社らが出資する国内最大級の木質バイオマス発電所「豊前バイオマス発電所」(福岡県豊前市)の竣工式を開催したと発表した。

同発電所の発電出力は74,950kWで、主燃料はパーム椰子殻(PKS)と木質ペレット。イーレックス・九電みらいエナジー(福岡県福岡市)・九電工(福岡県福岡市)の3社が共同出資する「豊前ニューエナジー合同会社」 が運営し、すでに1月1日から営業運転を開始している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事