> > 沖縄電力、金武火力発電所に木質バイオマス供給設備 離島へLNG導入も検討

沖縄電力、金武火力発電所に木質バイオマス供給設備 離島へLNG導入も検討

設備概要図(出所:沖縄電力)

沖縄電力は3月10日、金武火力発電所(沖縄県国頭郡)に木質バイオマス供給設備の導入を決定し、建設工事に向けた手続きを進めていると発表した。2021年3月の運用開始を目指す。

同社は2月10日に供給設備の工事計画届出書を、那覇産業保安監督事務所に提出した。4月から建設工事を開始する。同発電所の燃料は石炭で、沖縄県内における建設廃材等を原料とした木質ペレットを約3%(重量比)混焼する。

なお、具志川火力発電所(石炭火力発電所)では、すでに木質バイオマス燃料の混焼に取り組んでおり、両発電所の合計で、木質バイオマス燃料の使用量は約3万t/年、二酸化炭素排出削減量は約4万t-CO2/年にのぼる見込み。

発電所で使用する木質バイオマス燃料は、バイオマス再資源化センター(BRC/沖縄県うるま市)において、同県内で有効利用されず焼却処分されていた建設廃材から製造されている木質燃料ペレット。

これにより、県内における建設廃材のリサイクル推進に貢献しつつ、燃料である石炭の消費量を抑制する。同社は、2021年3月の運用開始を目指し、地域住民や関係各所の理解と協力を得ながら環境保全に十分配慮し、安全第一に工事を進めていく考えだ。

離島でのLNG活用を検討

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.