> > ローソン、一部飲料カップの「フィルム」廃止 年間約70トンのプラ削減

ローソン、一部飲料カップの「フィルム」廃止 年間約70トンのプラ削減

ローソン(東京都品川区)は3月17日から、オリジナルカップ飲料のうちカフェオレなどについて、カップフィルムを使わずカップに直接印刷する仕様にリニューアルし、全国のローソン店舗13,702店で順次発売する(店舗数は2020年2月末時点、「ローソンストア100」を除く)。

カップに直接印刷する仕様に変更することでフィルムが不要となり、プラスチック使用量は1本あたり約1.5g、年間約70トンの削減が見込まれる。また、付属のストローを一部、植物由来のバイオマスプラスチックを使用したものに切り替える。対象商品は「カフェオレ」、「カフェオレグランデ」、「カフェオレエスプレッソ」の3品。

同社ではこれまでも、さまざまな容器包装プラスチック削減に取り組んできた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 44 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.