> > ロンジ、群馬の65MW太陽光発電にモジュール供給 RE100加盟も発表

ロンジ、群馬の65MW太陽光発電にモジュール供給 RE100加盟も発表

Hi−MO 4m(出所:ロンジウェブサイト)

LONGi Green Energy Technology(中国・陝西省西安市)の日本法人であるLONGi Solar Technology(東京都千代田区/ロンジ)は3月16日、世界でトップクラスの邦銀がプロジェクトファイナンスで融資する太陽光発電プロジェクトに太陽電池(PV)モジュールを65MW供給する契約に調印したと発表した。この太陽光発電所は群馬県高崎市に2020年内に完成する予定。

このプロジェクトでは、新しいM6(166mm)ウェハを使用したLONGiの製品ラインナップで、出力が最も高いPVモジュール「Hi−MO 4m(ハイモ・フォー・エム)」が採用された。より大きなウェハサイズは受光面積を拡大し、発電電力を増加させる。モジュール1枚あたりの発電量の増加により、BOS(太陽電池モジュールを除く周辺機器、工事など)コストのさらなる削減への貢献が期待されている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.